今晩は。

あれから7年が経過しました。
2011年3月11日 14時46分頃
東日本大震災、マグニチュード9.0、最大震度7。

死者 15,895人、行方不明 2,539人、震災関連死 3,647人。

観光地は整備されつつあるようですが、地元住民に必要な店舗がまだ不十分だそうです。
部分的な再開発に留まっているところが多いらしいです。
より広い範囲を網羅した総合的な計画、そしてリーダーシップが必要です。
ニュースでは震災の風化が心配されていました。

福島県の原発事故。
地震が原因とはいえ、これは次元の違う話題です。
廃炉にするお金はどこから出ているのでしょうか?
そのお金を負担しているのは誰でしょうか?
原発での発電は、廃炉工事や使用済み核燃料の処分費を含んでも、安いのでしょうか?

調べてみると、日本国内では震度5以上の地震が毎年10件前後、起きています。
その中でも、2年前の熊本地震、震度7が記憶に新しいところです。
九州と四国が揺れました。
しかも震度7が2回、震度6強が2回、6弱が3回。
耐震設計もここまでは想定していないでしょう。

噴火も以前より多くなっています。
地震が火山噴火を誘発しているようです。

上記にも書きましたが、日本各地で大きい地震が起きています。
首都直下地震が予想されている中、なぜかこの範囲での地震がありません。
それだけ歪み(揺れのエネルギー)を溜め込んでいるのでしょうか?
非常に不気味です。

以前より防災グッズを意識しなくなりました。
これも『風化』ですね。
3日間は自力で生きられるような防災グッズが必要です。
また、常用している薬がある場合、薬の名称を覚えておきましょう。
震災時に、薬そのものやお薬手帳を持ち出すのは難しいでしょうが、命に係わる薬もあります。
必須事項に加えてください。

TOMOE 友栄塗装株式会社
石川
[PR]

by tomoe-toso | 2018-03-12 18:18 | 雑記 | Trackback | Comments(0)