こんにちは。
こちら川口市、雲が広がり、風が出てきました。
朝のニュースで、全国的に天気が急変、とありましたから、この後は注意が必要です。

さて、話は変わります。
焼付塗装の一つであります粉体塗装(粉体塗料)の話題です。
シンナーを使っていなので、環境に優しい塗料です。
VOC削減に繋がります。
塗料の管理が比較的に簡単で、膜厚を溶剤塗料の2~3倍以上厚くすることが可能です。
さらに塗着しなかった粉体塗料は条件次第で回収が可能であり、その粉末は再利用出来る為にコストが抑えられるという長所もあります。  
しかし、品物の内部に塗料が入りにくく、マスキングが困難です。
さらに塗料は納期に時間が掛かるという短所もあります。

脱シンナー、脱VOCということで、注目を集めている粉体塗装です。

塗装する品物の用途、使用場所、形状等でお薦めの塗料が異なります。
詳細はお問い合わせ下さい。
 
http://www.tomoe-toso.co.jp/
 

 ※VOC・・・揮発性有機化合物 (通称:有機溶剤)
  トルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的。
  大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の 1 つとされています。

 
[PR]

by tomoe-toso | 2015-06-23 17:00 | 粉体塗装 | Trackback | Comments(0)

こんにちは。
湿度が低い為に、とても過ごしやすい1日でした。
気温が高くても、湿度が低いと、こうも暑さの感じ方が違うのですね。

さて、恒例の友栄杯が先週末に行なわれました。
優勝は、新郷ビジネスの戸塚会長。
そして、準優勝は同じく新郷ビジネスの戸塚会長夫人。
何と、ご夫婦で1・2フィニッシュです。
ちなみに、新郷ビジネス様は、弊社近くにあります文具・事務用品・事務所什器・印刷を手掛ける会社です。
e0164638_18232762.jpg

弊社代表の増田(右側)から、戸塚会長にトロフィーの授与。
e0164638_18234787.jpg

にっこりと記念撮影。
e0164638_1824783.jpg

戸塚会長夫人と。
[PR]

by tomoe-toso | 2015-06-04 18:29 | 友栄塗装 | Trackback | Comments(0)

お早うございます。
暑い日が続いています。体調管理に気を付けましょう。
まずは水分補給です。
5月で夏日、真夏日を記録するとは、この夏が思いやられます。
この6月はどうなるのでしょうか。
年ごとに夏が暑くなっているという話、また、夏と冬が長くなって、春と秋が短くなっている、という話。
最近、よく耳にします。
一時的なことでしょうか。
この状態が続くと、人類や自然に影響が出てしまいます。
この流れを止めることは出来ないでしょうか。

さて、話は変わります。
アメリカ、ハワイ島にある国立天文台、そこに設置してある世界最大級を誇る『すばる望遠鏡』の部品を弊社で塗装いたしました。
正式には、『大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 ハワイ観測所 すばる望遠鏡』というようです。
国の機関に属する国立天文台、その施設の構成部品の塗装に携わったわけです。
非常に光栄なことです。

今回使用した塗料は、航空機の外装を守る為に作られたものです。
適応温度は、-54℃~177℃です。
厳しい自然環境の中、外部からの影響を受けない為にかなり独特な仕様となっています。
弊社では、このような特殊な塗料にも対応可能です。
e0164638_857735.jpg

PPG PMC ジャパン株式会社
URL:http://www.ppgpmcjapan.co.jp/index.html
PPGインダストリーズ(アメリカ)
URL:http://corporate.ppg.com/Home.aspx

すばる望遠鏡は、標高 4,200 メートルのハワイ島マウナケア山頂にあります。
単一鏡としては世界最大級の口径 8.2 メートルをもち、天体からの微弱な光をも集めます。
すばる望遠鏡には、高い解像度を実現するためのさまざまな工夫が施されており、解像力の高さは、世界の大型望遠鏡の中でも特に高く評価されています。
この性能は、望遠鏡を設置する場所を慎重に選び、最新の技術を駆使することによって実現されました。
 大変滑らかに磨かれた鏡の鏡面精度は 0.012 ミクロン。
(1ミクロンは1000分の1ミリメートル 0.012ミクロンは0.000012ミリメートル!)
鏡の形はコンピュータ制御され、常に理想的な状態で観測できるよう、工夫がなされています。
風通しの良い新型ドームによって、空気の乱れを少なくし、星像の乱れを抑えることにも成功しています。
頑丈な望遠鏡構造とリニアモーター駆動によって、超高精度の天体追尾が実現されました。
e0164638_852881.jpg

左側のステージに人が居ます。
望遠鏡本体がどれだけ巨大か、分かります。

 国立天文台やすばる望遠鏡には、様々なプロジェクトがあります。
URL:http://www.nao.ac.jp/project/
URL:http://www.naoj.org/Introduction/results/j_1.html
そこには太陽系外惑星探査というプロジェクトがあります。
様々な惑星探査をするのですが、地球に似た惑星を探すこともその中の一つです。

とてつもない偶然が重なって出来上がった地球。
この広い、広い宇宙。地球に似た惑星はあるか。
空気、水、そして、生命体。
想像しただけでも、ワクワク、ドキドキします。
すばる望遠鏡は、約130億光年かなたの銀河を続々と発見している、とのことです。
この中には、生命体が育まれた惑星がきっとあるでしょう。
それは、人類とは違う生命体かも知れません。
でも、彼らとコミュニケーションが取れたなら、最高ですね。
夢が広がります。
(130億光年とは、光が130億年進む距離です。今見ている光は130億年前に放たれた、ということになります。)

 上記の文章はURL:http://www.naoj.org/j_index.htmlより一部引用しています。

 
 弊社のホームページです。是非、ご覧ください。
 友栄塗装株式会社
 URL:http://www.tomoe-toso.co.jp/
e0164638_945396.jpg

[PR]

by tomoe-toso | 2015-06-02 15:50 | 友栄塗装 | Trackback | Comments(0)