こんにちは。
最近は挨拶を交わした後は、決まりきってこの暑さの話題です。
たしかに愚痴の一つでもこぼさないとやっていられない暑さです。
本日で東京都心では猛暑日(最高気温が35℃以上)は6日連続、とのニュース。
猛暑日連続記録を更新したそうです。
比較的、海に近い都心ですが、ヒートアイランド現象を伴ってしまい、気温が高いのでしょうか。
本日の最高気温ランキング1位は群馬県館林の39.8℃(!)です。

話は変わります。
本日も屋根の点検に行ってまいりました。
3年前に遮熱塗装を施工した屋根です。
風があった為に先日よりは楽でしたが、やはり大量の汗をかきました。
高反射のせいで眩しさもきついものがあります。
サーモグラフィの画像です。
e0164638_1853430.jpg

左側の波状部分が遮熱塗装済みの屋根です。表面温度は44℃~49℃でした。
右側の平たく見える所は太陽光発電のケーブルカバーです。未塗装です。表面温度は55℃~58℃でした。
屋根は手で触れました。もちろん熱さはありますが、問題なく触れる温度です。
しかし、ケーブルカバーは触った瞬間に手を離すほどの熱さです。まったく触っていられません。
指に小さな水ぶくれが出来てしまいました。
サーモグラフィだけでなく、身を持って遮熱塗装の効果を確認しました。

屋根に蓄熱された温度が室内に伝わって、室温上昇に繋がるわけです。
まだまだ、暑い日が続きます。
また、暑い夏は毎年やってきます。
暑さ対策、節電対策に遮熱塗装をご検討ください。

友栄塗装株式会社
http://www.tomoe-toso.co.jp/reform.html
[PR]

by tomoe-toso | 2015-08-05 18:37 | サーモグラフィ | Trackback | Comments(0)

こんにちは。
本日、遮熱塗装を施工した屋根の点検に行ってまいりました。
屋根に乗った途端、汗が噴き出しました。
暑さの元となる赤外線が遮熱塗料によって反射して、それが私に当たったのです。
つまり、遮熱塗料が「効いている」ということです。
身を持って、体感した次第です。
それにしても、暑かったです。
すぐに水分を摂取しましたが、長時間あの環境にいたら、危険かもしれません。
毎日、この酷暑の中で作業している職人さん、尊敬します。

e0164638_16401788.jpg

サーモグラフィの画像です。
中央部(紫色)が遮熱塗装を施した場所です。
その周囲が未塗装部です。
屋根の表面温度ですが、塗装済み箇所と未塗装箇所の温度差は27℃となっています。

川口市のこの2週間の気温を調べてみました。
3日間を除いて最高気温は33℃以上、1日を除いて最低気温は25℃以上。
去年はここまで毎日暑かったでしょうか?
ここ数年、暑さが厳しくなっているとは思っていますが・・・。
太陽の日射による暑さだけでなく、モワっとした熱気に包まれている感じが非常に不快です。
36℃を記録した日が1日ありました。
数年後は、川口市も40℃に迫る気温を記録するのでしょうか。
[PR]

by tomoe-toso | 2015-08-03 18:30 | サーモグラフィ | Trackback | Comments(0)

こんにちは。
昨日は参議院選挙と名古屋場所(七月場所)の千秋楽がありました。
ここでは大相撲の話題を。
横綱・白鵬の怪我とそれによる連勝ストップ、14日目、15日目の連敗は残念でした。
しかし、13日目までの43連勝と26回目の優勝は素晴らしい記録です。
大関・稀勢の里、前半の負けで横綱挑戦が終わったかと思いきや、その後の取り組みは気迫が溢れるものでした。千秋楽に負けて11勝4敗。横綱挑戦は一からやり直しです。
個人的な意見ですが、安定した力が無ければ横綱に昇進しても短命で終わるだけです。
力はあります。来場所、13勝以上を期待します。
さらに、新十両で優勝した遠藤とエジプト出身の大砂嵐(10勝5敗)、来場所が楽しみです。

話は変わります。
以前の記事を再び掲載いたします。
遮熱塗装に関する話題です。
e0164638_12571891.jpg

e0164638_1323817.jpg

サーモグラフィで撮ったものと通常画像を載せました。
サーモグラフィとは温度の低いところが青色で、温度の高いところが赤色で明示されます。
通常画像:白い部分が遮熱塗料を塗布したところです。
サーモグラフィ画像:その場所は周囲より温度が低いのが分かります。
また、白い部分を手前から奥に3分割しますと、
手前:下塗り
真ん中:下塗り+上塗り1回
奥:下塗り+上塗り2回
と塗り分けております。
サーモグラフィ画像:奥側の青が少し濃く見えるかと思います。
温度がより低いことを示しています。
サーモグラフィ画像では高いところでは52℃(未塗装部)、
低いところでは25℃(塗装箇所)の温度が表示されています。

遮熱塗装の効果を数字で表すのはなかなか困難です。
しかし、サーモグラフィを用いると効果の程が分かりやすいと思います。

屋根に蓄熱された熱さが室内に伝わり、それで室温が上昇します。
遮熱塗装を施しておけば、熱源となる赤外線を遮熱塗料が跳ね返してくれます。
屋根への蓄熱を減らしてくれます。

遮熱塗装にご興味がある方は是非弊社にお問い合わせください。
http://www.tomoe-toso.co.jp/
[PR]

by tomoe-toso | 2013-07-22 11:03 | サーモグラフィ | Trackback | Comments(0)

たびたびこんにちは。
画像は本日の午後に弊社工場の屋根をサーモグラフィで撮ったものです。
手前の青い部分は遮熱塗装を施した部分、奥の赤い部分は遮熱塗装の未塗装部分となります。
屋根の形状は波型となっております。
遮熱塗料の塗装・未塗装を比較するとおおよそ15℃前後の違いが出るようです。
e0164638_149059.jpg


これを見ると随分と温度差があるんだな、という印象を受けます。
太陽光に含まれる赤外線を反射するのが遮熱塗装です。

サーモグラフィ使用の具体例を挙げてみました。
このように数字だけではなくて視覚に訴えることによってより分かりやすい説明が出来れば良いなと考えています。
また、サーモグラフィは工場設備の点検でも活躍する予定です。定期的に設備を監視して過熱している場所がないか、確認するわけです。
[PR]

by tomoe-toso | 2010-08-11 14:27 | サーモグラフィ | Trackback | Comments(0)

こんにちは。
赤外線サーモグラフィを導入しました。
温度分布が目に見えるのはとても興味深いです。
どのように使用するかはこの後にお伝えできるでしょう。
ご期待ください。
写真はパソコンに向かう同期のY氏です。四角く見えるのはディスプレイです。
e0164638_11165080.jpg

[PR]

by tomoe-toso | 2010-08-11 11:18 | サーモグラフィ | Trackback | Comments(0)