お早うございます。
先日施工いたしました『ガラスコート』のご紹介です。
強烈な西日が事務所内の暑さの原因となっていました。
さらにその西向きの窓に背中を向けての机がありまして、特にその席は暑かったようです。
また、二階建ての二階にあるこの事務所。
暑さ対策として屋根の遮熱塗装も同時に行いました。

まずは、ガラスの下地処理。塗装と同じく重要な工程です。汚れ、油等を除去します。
e0164638_8581491.jpg

次にガラス周囲にマスキングを施します。
e0164638_924253.jpg

プライマーの塗布です。
ガラスとガラスコート剤がしっかり密着するように塗布します。
e0164638_974247.jpg

最後にはガラスコート。
きれいに仕上げるためにはスピードが大事です。
e0164638_910630.jpg


コート剤は透明なタイプ、スリガラスタイプとあります。
透明なガラスは透明なままで仕上がります。

友栄塗装株式会社
http://www.tomoe-toso.co.jp/
[PR]

by tomoe-toso | 2012-08-22 08:10 | ガラスコート塗布工事 | Trackback | Comments(0)

こんにちは。
テレビの地上アナログ放送が7月24日で終了します。
色々な事情があっての変更でしょう。
ただ、今まで使用していたテレビが使えなくなる、その対応として国民が費用を負担する、って今更ですけど、腑に落ちないです・・・。

昨日、あるオフィスの窓ガラスへガラスコートの施工を行いました。
ガラスコート塗布済のガラスと未塗布のガラスが隣り合っていたので、両方に手をかざしてみました。

未塗布のガラス:ジリジリとした熱気を感じる。
塗布済のガラス:上記のような感じはない。

南面のガラス窓で太陽の光が強かったこそ感じることが出来た分かりやすい『違い』だったのでしょうか。
以前、下記のような実験は行っております。
http://tomoetoso.exblog.jp/i4/

ガラスコート塗布状況
e0164638_13451412.jpg

[PR]

by tomoe-toso | 2011-07-15 14:12 | ガラスコート塗布工事 | Trackback | Comments(0)

去年の夏を思い返しての熱さ対策、もしくは節電対策として遮熱塗装やガラスコート(赤外線と紫外線カット)に多くのお問い合わせをいただいております。
その中でガラスコートの施工例をご紹介いたします。

太陽光を多く取り入れるために窓ガラス面積を大きく取った事務所棟。
それが室内温度を上げる要因となっておりまして、その対策としてガラスコートが選択されました。
このガラスコートは室内の気温上昇の原因となる赤外線をカットするだけではなく、紫外線カットの役目も果たします。
さらには冬場の室内からの暖かい温度を窓を通じて外に放出するのを低減する断熱機能もあります。

①下地処理 ガラス面から油膜、汚れ等を除去
②マスキング ガラス端部を養生
③プライマー塗布 ガラスとトップコートの密着度を高めます
④トップコート塗布
という流れとなります。

画像はトップコートの塗布状況です。
ローラーを使用します。
e0164638_14251562.jpg

透明度を出すために素早い施工が要求されます。

また、屋上の塩ビ防水シートに遮熱機能付きのトップコートを塗布する工事も発注いただきました。
工程は
①ケレン作業 汚れの除去および密着度を高めるためにシート表面を目荒らし
②プライマー塗布 シートとトップコートの密着度を高めます。
③トップコート塗布 (遮熱機能付き)

プライマー塗布状況 色はクリアです。
e0164638_14381226.jpg

トップコート塗布状況 色はライトグレーです。
e0164638_1439335.jpg

完了です。
e0164638_14391788.jpg


建物は築8年に満たないものでしたが、早めのメンテナンスに高機能(遮熱)付、という選択。
素晴らしいです。
[PR]

by tomoe-toso | 2011-07-13 14:54 | ガラスコート塗布工事 | Trackback | Comments(0)