こんばんは。
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック。
昨日で17日間の祭典の幕が閉じました。
その前日、日本にとっては大きなドラマがありました。
まずは、今回のオリンピックからの新種目、スピードスケート、女子マススタートで高木菜那選手が金メダル!
おめでとう!
初代女王!いい響きです。
有力なオランダ選手の後ろにピタッと付き、最終コーナーで相手が外側に膨らんだところでインを差す。
そのまま後続を引き連れながらトップでゴール!!
スカッとしました。
ギリギリまで待てた高木選手の粘り勝ちです。
高木選手はパシュートに続いて、2個目の金メダルです。
ちなみに妹の高木美帆選手は金・銀・銅の3個のメダルを獲得しています。

そして、カーリング女子、イギリスとの3位決定戦。
最後はイギリスのミスショットとも見えますが、日本はやるべきことはやって、イギリスの最終ショットを待ちました。これも粘り勝ちです。
緊張の最後の一投。ストーンがぶつかり、中心に残ったのは日本の黄色のストーンでした!
一瞬の静寂の後に、大きな歓声が上がりました。
日本、カーリング女子、銅メダル!!
おめでとう!
日本のカーリング史上、オリンピックで初めて獲得した歴史的なメダルとなりました。

今回のオリンピックでの獲得メダルは、金4個、銀5個、銅4個で合計13個でした。
これは、冬季オリンピックの史上最多だそうです。

選手の皆さん、お疲れ様でした。

TOMOE 友栄塗装株式会社
石川




[PR]

by tomoe-toso | 2018-02-26 19:03 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tomoetoso.exblog.jp/tb/27104850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< あれから7年 3・11    平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック >>